自分の年収が平均年収よりも100万も低いのを知って、転職を決意。

新卒から勤めて、気がついたら10年。

理解のある上司や、気の合う同期に恵まれ、忙しいけれど、それなりにやりがいのある仕事で働く環境に不満はない。

ただ最近、自分の年収があまりにも世間に比べて低いのに気がついて、将来が不安になってきた。

上記に加えて、ボーナスが夏冬ともに約1ヶ月分なので、年収が約340万円。

学生時代の友人が最近、大手電機メーカーから外資のコンサルティング会社に転職していてビックリした。

外資のコンサルティング会社と聞いて、成果や必達目標が厳しかったり、 仕事がハードじゃないかと思ったが、システム系のバックオフィスということで、 そこまでノルマがきつくなく、前職と同じくらいの時間に帰れて、 前職でもそれなりの金額をもらっていたようだが、さらに年収が上がったようだ。

試しに30歳の平均年収をネットで調べてみたが、33歳で340万円だと平均よりも100万円以上低い。

デューダ、平均年収データ http://doda.jp/guide/heikin/2013/age/より引用

世間の景気が良くなっているのに、今の会社では年収が上がりそうにない。
キャリアアップの転職なら40代でも可能らしいが、他の業界に未経験での転職を考えると35歳くらいが限界だと思う。

景気が改善している今なら、人気企業でも人手が不足して入り易いらしい。
自分も密かに転職活動をはじめようと思う。

日本は諸外国と比べてまだまだエンジニアが冷遇されている

様々な業界でエンジニアの案件は増加していますがの続きを読む

今の会社を辞める前に準備すること

このページの先頭へ